過去世とは?ハイヤーセルフリーディングで過去生を見る理由

大好きなこと、心地いい事に囲まれて、自分らしく、喜び溢れる人生を切り開く為に・・・。心と身体のエネルギーチャージサロン、Iwalani(イヴァラニ)竹村友生香(ゆいか)です。

今回は、過去生とは?について少し詳しくお話していきます。ハイヤーセルフリーディングでも、過去生を見させていただくことが多く、私がこの世界を学ぶきっかけも、過去生をヒプノセラピーで見た経験からでした。

人は、生まれ変わり(輪廻転生)を繰り返していると考えています。そして、それは、一つのハイヤーセルフ(魂)のもと、何度も生まれ変わり、全ての過去生は今現在の自分と繋がっているのです。

と言う事は、ハイヤーセルフとは、多くの過去生の記憶・体験が蓄積される、膨大な知恵、経験、叡智の宝庫なのです。過去生で経験したことは、現世でも力を発揮しやすく、またその記憶と体験を思い出すことで、現世を前進する力となります

過去生を分かりやすく例えるなら、自分の中に、巨大な図書館があり、膨大な量の書籍(叡智)が眠っている、そんな感覚です。そして、必要な時に、必要な本を参考にするのと一緒で、今をよりよく生きるために、その膨大な過去生から今の自分に必要な情報をピックアップしてくるのです。

ハイヤーセルフリーディングでは、あくまでも現世である「今」を、より自分らしく、喜び溢れる人生を切り開く為に、過去生からの叡智を共有し、アドバイスを頂きます

過去生で、どのような経験、体験をして、何を大事に生きていたのか、そして、その経験を通し、晩年どのような人生を送り、何を感じ、考えていたのか。今のご自身に対して、どのようなアドバイスがあるのか、そんな事をお伝えしています。

もちろん、様々な過去生がある中で、一見とても辛い経験なども存在します。よく、「今このような辛い状況があるのは、過去生に何かしたからでしょうか?」と質問いただきますが、一つの人生が幕を閉じたときに、その全ての経験は愛の状態に浄化されていきます。

今が辛いのは、過去生から影響を受けているからではなく、あくまでも今の自分の問題であり、そこから前進するために、過去生からは、力強くも愛溢れる叡智を頂く、それが過去生を見る目的です。

人は、死を迎え、肉体が無くなり、100%愛の状態である魂に帰ったとき、その人生がどのような状況であったとしても、「良い・悪い」ではなく、人生において必要であり、意味と価値のある経験となるのです。

過去生を、ただの経験として眠らせておくのはとってももったいないです。人間として存在した、遥か昔からの膨大な叡智を、今を生きる私たちが活用し、今の人生に生かすこと、それが、ハイヤーセルフリーディングにおいて、過去生をみるということです。

自分の過去生は、トレーニングすれば誰でも見ることができます。それほど、本来は特別な事ではないのです。そして、大いに活用すべきものなのです。